--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.03.27(Wed):未分類


お正月に紀伊國屋の洋書セールで娘用に買ったこちらの本、面白そうと思って買ったものの、なんとなく渡すタイミングがなく、しばらくお眠りいただいていた。長編なので時間のゆっくりある時に渡したかったんですよねぇ。



昨日渡してみるとすんなり読み始め、ほどなくして“これ面白いー!”っときた ニンマリ。

娘によりますとこちらのお話には、シンデレラ・白雪姫・赤ずきんちゃん・人魚姫・ジャックと豆の木・3匹のクマなどなど、小さなころに慣れ親しんだキャラクターがたくさん出てきて、その人物のその後のお話があったり、それぞれのお話の色々な場面がかみ合わさってとても面白いんだそうです。読んでる途中から読み終わりたくない!続きが出てほしい!と。
お気に入りのこのシリーズ↓ぐらい面白い!と言ってます。


最近はお気に入りのJacqueline Wilsonや女の子向けの読みやすいチャプターブック一辺倒でだったので、ファンタジー系の作品でここまでいうのは久しぶり。

このお話のおもしろさが味わえるのは、小さなころから英語を通してフェアリーテイルやマザーグースなどなどネイティブさんのこどもの頃もそうであるように、子ども時代に定番のお話にたくさん触れてこられたからだと思うんです。
もちろん私もシンデレラや白雪姫など小さなころはたくさん読んだし・見てきたので知っています、でも日本語で。なので英語での語感というものがないので、言葉遊びが入るともうついていけないし、言葉遊びが入ってることすら気づけない。海外の映画やなんかで観客がどっと笑う時に、どうして今笑ったの?!ってついていけない感じですよね 
語感を会得出来るのも子どものころから英語に触れている利点ですよね。
でもこの語感は週一回1時間ほどの英語じゃ無理なんだろうな。


定番ストーリー、うちは色々な絵本で触れてきたけど、おススメなのはこちらのシリーズ。CD付で朗読の英語も美しい。お話によって読み手が変わるので、色々な人の英語を聴けるのも◎

 


“読み終わりたくないから読みたくない”って気持ち、母もわかる。(ドラマだけど)花男の時がそうだった~


******

さてさて、今日は息子の幼少期の大親友に久しぶりに会います。まだ息子には言ってないけど

子どもたちには途中で映画を楽しんでもらい、

その間、母たちはゆっくり話に花を咲かせる予定




 Thank you!

にほんブログ村




スポンサーサイト
2013.03.22(Fri):未分類



Amelia Bedeliaといえば天然さがたまらないメイドさんですが、
  
 

ここ最近は子どもになって登場?!それとも彼女の子ども時代なのかな?! 
こういうシリーズにもなって、
  
内容もより親しみやすくなっているようですね。


こちらは初めての○○シリーズ。
   
ページ数32で絵もカラーで1ページに3~5行程度の文章量。
絵本とチャプターの架け橋的な本ですね。


これが成長の最終形でしょうか。ついに自力読み用にチャプターブックになった!ページ数も150あり、読み応えあり。
  




そして大人になってメイドさんになるのでしょうか?!

今の時代のメイドさんは働く場所がちがうかもね~




 Thank you

にほんブログ村







2013.03.18(Mon):未分類


前回のDocument-Based Questions for Reading Comprehension and Critical Thinkingに引き続き、もうひとシリーズ、使いたいワークブックはこちら↓

Down to Earth Geography




こちらもTeacher Created Resources社のもの。1年生からある~!
ネイティブのワークブックでノンフィクションのものを使うと、内容がアメリカよりになることが多く、もっと偏らずに世界のことを学べるテキストはないかと思っていたので、内容を見てこれはまさにぴったりと思いました。

こちらは18のnational geography standartsというものを全て一冊に網羅しているそうです。地図の見方・人々・地域・環境・文化などなど、さらには歴史的な背景も含め総合的にGeographyを学べるようになっているなんとも魅力的な内容  に思える(前回と一緒

そして各単元を学んだあとでするアクティビティが、ウェブレッスンではかなり、話が弾みそうな内容に思います。スピーキングの練習になること間違いなし。

出版社HPでサンプルページを見ることが出来ます。
Down to Earth Geography

Amazonでは高値になっているので、うちは紀伊國屋BookWebで購入予定。もうちょっと安くならないかなぁと値動きを待っています。

こちらのテキストは好奇心旺盛で、レッスン中もそれに関係するような写真なりサイトをてきぱき出してくれるような先生にみてもらいたいな 



 Thank you

にほんブログ村




2013.03.17(Sun):未分類



日々春の訪れを感じますね~

時節柄なのか最近はくしゃみも多く鼻もむずむず。
そしてなぜだか右手もむずむず~。
気が付けば、Amazonや紀伊國屋のHPを行ったり来たり、、、これってあの症状ですよねぇ

そんな感じでウロウロしてる中で、今まさに欲しいワークブックを見つけてしまいまして、、。

まずはこちら↓
Document-Based Questions for Reading Comprehension and Critical Thinking




こちらのワークブックはDocument-Basedとうことでscienceやsocial studiesといった内容をつかい、クリティカルシンキング(大まかに言えば、分析して考えられる能力って感じかな)を習得しつつ、そのアプローチの中でReading Comprehension・Vocabulary・Writingまで鍛えられるというなんとも魅力的な内容 に思える(まだ使ってないので
最近思っていることなのですが、writingでもただ作文というものではなく、自由研究やリポートに使えるような文作りが出来たらと思っていて、これから学年が進むともっとそういう能力も必要になってくるだろうし、これを鍛えるにはまずは考え方やとらえ方だと思っていたので、これがちょうど良さそうです 記述が多すぎないのもうちにはぴったり♪

grade3か4でどちらにしようか考えていたのだけど、中身をみたら、grade2からでも取り組みたいくらいの内容。どうしよう~ 

さて、内容が内容だけにどの先生にみてもらうのかも考えてしまいます。
英語を習うというテキストではないので、ウェブレッスンの先生に求めすぎなのではとも考えたり。最近は新しい先生も色々お試ししているので、その中で良さそうな先生を決めたいと思います。


もうひとシリーズ使いたいワークブックがあるので、その紹介は次回に



Thank you

にほんブログ村




2013.03.11(Mon):未分類


昨日 娘が “ママ~、ABCガムって知ってる~?!”っと聞いてきた。

新商品?!かと思いきや、、、

lready een hewed Gumってことだよ~”っと、すっと一枚の紙を差し出してきた。

その紙には、粘土で細く線を作ってネコを描いたような絵が。絵 えー 

粘土じゃない、ガムだー

    Already(afterの場合もあり) Been Chewed Gum. →ABCガム 
           すでにかみ終わったガム

へー。そんな言い回しがあるのね。

どうして知ってるのか聞くと、本に出てくるそうなんです。
Judy Moodyにはよく出てくるそう。


絵にしたのもJudy Moodyの影響と思われます。


調べてみると、欧米ではよくあるいたずらのようで、Do you want ABC gum ?と聞かれ、Yesと答えようものなら、お口からガムを出して渡してくれるそうなんで、要注意です^^ 

うちの場合は本のマネをして使いまわしをしたので良かった。渡されたくない



こちらが娘のその作品↓ 
ABC gum
遠目に撮ってみたけど、クリックすると大きくなってしまうので要注意です^^ 大丈夫な方だけどうぞ。






Thank you

にほんブログ村



2013.03.10(Sun):未分類

そろそろ年度末ですね。この一年も早かった。
この時期がくると、選ぶ本も新学年スタートに向けて気持ちが盛り上がりそうなものを選んでいます。
娘は4年生になるので4年生ものを探していたのですが、ついでなので、幼稚園から6年まで調べてみました。

幼稚園
 


1年生
   
   





2年生
    
 




3年生
    

  
  

4年生
  
 

うちはこちらを注文済み↓
  


5年生
  



6年生
  



やはり読書習慣もつけたい低学年の方がこういった本は多いですね。高学年になるとあまりないですね。

皆さんのお子さんにとって、これから始まる一年が楽しく充実したものでありますように~



**********

最近息子にプレゼントした本↓

これを読みだして息子は“留学ノート”なるものを作成しだしています。
大学は何学部がいいの?って聞いたら、“バスケ部”って答えるまだまだかわいい息子ですが書き出して具体的に考えていくのはとても良いことだと思うので、ノートがぎっしりになるくらい調べまくって、TEDばりにお父さんにプレゼンしてほしいものです。
三日坊主で終わりませんように



Thank you

にほんブログ村







 
2013.03.08(Fri):未分類
うちでは気に入った本・内容を吟味したい本でAudio CDのあるものは積極的にかけ流しに使ってきました。
そして児童洋書の中でも映画になったものは、読む→聴くの段階を経てから観るようにしています。

本を読んでイメージを膨らまし、聴いて内容を吟味して、映像になったものを楽しむ。
こういった三段活用出来るものは英語の定着にも良いんじゃないかと思って。


今回は児童洋書で、朗読CDがあり、映画でも楽しめるものを集めてみました。
・Harry Potterのような有名どころは外しています。
・イギリス児童洋書については取りこぼしがあると思われます。
・うちの子の読むレベル以上のものはまだ未開拓。
・Dr.seussも絵本と児童書の境目にあるような感じですが、映画になったのものは載せてあります。
・うちが観たもの&これから子供に見せたいものに偏っていますので、あらかじめご了承ください
・他におススメがあれば教えていただければありがたいです


本→Audio CD→映画のDVDの順で並んでいます。
  

   

最新作 これ観たい~
  

大御所Roald Dahl先生も三段活用でたっぷり楽しめます。娘はMatildaが大のお気に入り
  

  

   

  

娘と同年代の女の子が主人公。派手さはないですが良い作品です。
  

このシリーズはよく読んでるので、Judyや弟のStinkの特徴やなんかがよく表れてる映画をみて大喜びでした。
  

  

  

本・朗読CDで聞き込みましたが、娘は映画の方は最近やっと見れるようになりました。ちょっと怖いというか暗いというか。
  

  


  

  

  


 



  





春休み中にこの中から何本か観ようと思っています





Thank you

にほんブログ村




【Read More...】

2013.03.07(Thu):未分類


このHighlightsという子ども向け雑誌のkids向けサイトがなかなかいいです♪

こちら ↓
Highlight Kids

すごいな~と思うのがオーディオの充実ぶり。
サイト内のREAD itを見てもらうとわかるのですが、ひとつのお話が長いです。この長さで音声も収録されているのは素晴らしい
しかもArticle(記事)で音声もあるものもある。

どう活用しようか考え中。とりあえず、かけ流ししてみようとおもいます



こちらのサイトはRead along(読まれている文字に色が付く)なのでわかりやすい。
RIF READING PLANET





 Thank you

にほんブログ村




2013.03.03(Sun):未分類

プリキュアの英語版があったらな~なんて、娘が幼稚園時代に思っていました。
(ちょっと調べてみると今はyoutubeに英語版のも出てきますね)
女児の親子英語家庭なら一度は通る道なのかも^^

プリキュアに興味を持った時期にリリースされてたら、見せたかったな~と思うのがこれ↓

30分ほどのシリーズ物だったらなおいいのに~。

youtube↓


女の子のスーパーヒーロー的と言えば、娘が幼稚園時代ではキムポッシブルがあったのだけど、対象年齢が上すぎなので、よくAtomic Bettyを見ていました。小学校低学年向けの学園ものですが、喜んで見ていましたよ。


うちではプリキュアは完全シャットアウトではなかったのだけど、日曜朝のその時間帯にテレビを付け忘れること多々&録画機の調子も悪くあまりご縁がなく。。そして娘も年長さん位になるとピンク色のものやフリフリのものを嫌がるようになり、自然とフェードアウトしていきました。

娘の大好きな日本のアニメはちびまるこちゃんとサザエさんです




Thank you

にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。