--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.09.30(Mon):未分類



待ってました

大人気科学漫画サバイバルシリーズの英語版がもうすぐ発売されるようです。

中身も見れますよ↓
Survive! Inside the Human Body: The Digestive SystemSurvive! Inside the Human Body: The Digestive System
(2013/10/11)
Gomdori Co.、Hyun-dong Han 他

商品詳細を見る

Survive! Inside the Human Body: The Circulatory SystemSurvive! Inside the Human Body: The Circulatory System
(2013/10/11)
Gomdori Co.、Hyun-dong Han 他

商品詳細を見る

Survive! Inside the Human Body: The Nervous SystemSurvive! Inside the Human Body: The Nervous System
(2013/10/11)
Gomdori Co.、Hyun-dong Han 他

商品詳細を見る


日本語版↓
  

息子も小学生の頃はこのシリーズが大好きでよく読んでいて、その頃はこのシリーズの英語版があればいいのにーってよく思っていました。
まだ3冊なのでこれからもこシリーズが続々と英語版になったらいいですね。
アメリカのamazonでは一冊12ドルくらいのようです。



 Thank you !

にほんブログ村



スポンサーサイト
2013.09.25(Wed):未分類


その小道具とは、小学生用のシャープペンシル


[小学生用の特徴は芯が太く(0.9mm)力んで書いても折れづらく、芯が太いだけあって書き味も鉛筆に近いことのようです]


シャーペンは小学校で使用禁止なのと兄が中学に入ってから使いだしているのもあり、“大人っぽい感じ?!”がするのか、マイ・ファースト・シャープペンシルを手に入れた娘はとても喜んで、さっそくニックネームをつけ擬人化してしまいました 
(気に入ったものは何でもキャラクター化するんですよねー あいたたた。。)


そして狙ったわけではなかったんだけど、タイミングよくウェブレッスンでメッカちゃん(シャーペンの名前)が大活躍。

ここ最近はレッスン中に書くことが多く、しかも今使っているライティングのワークブック↓では“Revision(修正)”のパートに入り、書く量が読解のワークより断然多くなりました。
Practice Makes Perfect Exploring Writing (Practice Makes Perfect Series)Practice Makes Perfect Exploring Writing (Practice Makes Perfect Series)
(2010/10/27)
Gary Muschla

商品詳細を見る

ここでは150字程の例文を読み、内容にそってパラグラフ(段落)を作り、必要のない文があれば削除し、より良い文章にするために見直ししながら“ 書き直す ”という作業をします。

この書き直すという作業、ウェブレッスンでするのはもったいないんじゃないかな?!説明だけしてもらって書くのは宿題にしてもらう方が良いんじゃないかなっと思ったのですが、実際やってみると、書きながらでも自分の意見を言ってるし、質問があればすぐ先生に聞けるし、思いの外充実し、2コマレッスンで二つの文章の書き直しをしました。驚き。
娘はレッスン後 “メッカちゃんで書きやすいし、このレッスン楽しー!ずっとRevisionやりたいー♪ ”と言いだすほど。

ただシャーペンを買っただけなんだけど、たまたまタイミングも良くライティングのレッスンがはかどることとなりました。

そういう ちょっとした“こと”や“もの”で弾みがついたりすることってあるんだなぁって。そんな風に感じたメッカちゃんとの出会いでした。(母もあいたたた。。><)



そうそう、うちが買ったのは0.9mmだけどさらに太い1.3mmもあるようです。

こちらはレビューにマークシートに最適と書いてありました。
使えそう~



 Thank you

にほんブログ村


2013.09.18(Wed):未分類



夢・化学-21」が 元素記号を楽しく遊びながら学べる「化学かるた」の無料ダウンロードを始めたそうです↓

「化学かるた」ダウンロード版のご案内

もともとはイベントなので配布していたそうですが個数限定であったため、気軽に手に入るようにダウンロード形式にしたとか。
かるたならルールも簡単。小さなお子様から遊べますね。
興味を持つ良いきっかけになるのではないかな

うちもやってみます 


気になってちょっと調べてみました。
化学→Chemistry
科学→Science
ふむふむ。



 Thank you

にほんブログ村


2013.09.18(Wed):未分類



ウェブレッスンでしばらく使っていたこちらのワークブックが夏休み中に終りました。

Nonfiction Reading Comprehension: Science: Grade 3Nonfiction Reading Comprehension: Science: Grade 3
(2006/02/28)
Ruth Foster

商品詳細を見る

これは、“ノンフィクションで・サイエンスで・記述問題がなくウェブレッスンで先生が教えやすい”っとこちらの希望を満たしていて吟味して選んだ一冊でした。

実際このワークブック、ウェブレッスンでとても使いやすかったです。
初めてレッスンをとる先生などはこのワークブックを使って先生の教え方や話の広げ方・娘との相性をみたりしました。

1ユニットはこんな感じ。
まずはその単元に出てくる重要単語↓
nrc3voca.jpg
(各単語“10回”言う練習のところを3-5回に書き換えてスキャンして送ってました)

本文はこれくらいの長さ↓
nrc3写真
問題はすべて4択↓
nrc3しゃしん

この1ユニットを2コマレッスンでしていました。50分あれば話合いも十分に出来るし、途中で話題が横に逸れても大丈夫。時間が余れば大好きななぞなぞタイムに。


そして、この2冊↓も途中から平行して使いだしたのですが、
  
この2冊、記述問題があります。
Critical Thikingの方では、1ユニットに4択問題と記述問題が3問づつあります。
記述問題は本文を読み取り、
“○○は正しい?それとも間違っている?説明しなさい”
“□□が~な理由を2つ述べなさい”
“○○は△△すべき? Why or Why not?”
などなど、しっかりと事実や考えをまとめて書かなければなりません。
使いだし当初は4択問題だけしかやっていなかったこともあったけど、そのうちに答えをまとめ、書けるようになってきました。なにより書く速度が速くなってきたので、ウェブレッスン中に“書く”作業をしてももったいない感じがしなくなってきました。これは大きい! 

となれば、前は時間がかかりそうで敬遠していた記述問題のあるワークブックも、考えをまとめる中で先生との話し合いも増え、より読解が深められ、答え方書き方も学べて、とレッスンにボリュームが出そうで娘にとって良いかもと思えてきました。

レッスン中に書いてももたつかない。これは一重に年齢的な成長だと思っています。

今後Critical thinkingのワークブックが終わったら使おうと思っている記述重視のワークブック↓

これ、なぞのCDが付いてます。どんな中身なんだろ?!オーディオだったら最高だけど、、たぶん違うな。
到着次第また追って報告します。

話はそれますが、Time for kidsつながりでこんなのも注文しました↓

これもレッスンで使いたいと思っています。




あと、ただ今こちらの2冊お買い得の様です↓
 
 


 Thank you

にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。