--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.08.30(Fri):未分類



今朝、カリフォルニアの現地小学校4年生のクラスと娘がスカイプで交流をしました。

本当は先週の約束だったのだけど、その日の約束時間の早朝にスカイプを立ち上げて待っていると、、“時差を間違えちゃって、、、もう子ども達帰ってしまったの。ごめんなさい”っとメッセージが。ってことで日を改めて今日になりました。

今日は約束の時間にきちんとコールが来ました。

こっちが“Hello!”っと出ると向こうの生徒たちから歓声があがり、先生が“コンニチハー”って

それから軽く自己紹介をして、質問タイムに。
クラスに何人くらいいて何クラスあるの?とか教科によって教室が変わったりするのとか聞かれ、向こうの先生からは補助の先生はいるのって聞かれていた。(日本での先生業の大変さを推し量ったのでしょうか^^)

事前のやり取りでNBA好きの息子がいると伝えてあって、先生もここにはチームもあるし、NBAの話も生徒と出来るわよ~って言ってくれていて、それを生徒に話してくれていたようで生徒から“お兄ちゃんは?”って聞かれた。娘が“まだ寝ている”と言うと向こうから“遅っ!”って。それに対し先生は“向こう(日本)はまだ夏休みなんだからほっといてあげなさい!”っと。男の子が元気いっぱいのクラスで、先生も肝っ玉な感じ。聞くと男子18名・女子9名のクラスなんだそう。
(ここでの向こうとのやり取りは英語なんですけど、意訳で載せています)
あと、娘が本を読むのが好きというと先生は“うちには本をあまり読まない男の子がたくさんいるわよー”って娘に答えてるっていうより、男の子たちにチクリ。それに対して男子たちは“おれたちは本好きだよー”って反論してた

4年生になると女子はちょっと大人びてきて、男子はまだそのままガサガサしてる感じっていうのかな、娘のクラスの様子を見ててそう思ったんだけど、どうもこちらのクラスも似てる感じがして微笑ましかったな。

今回のスカイプで一番盛り上がった場面が、窓の外を見せてあげた時。なぜかヒュー!ヒュー!みたいな歓声が あんなに喜んでくれるとは。

途中3回ほど突然途切れたけど、今回の通話時間は18分。
これからも交流していけるかもしれないので、今度は娘の小学校の制服姿とか、ランドセルとか教科書とかいろいろ見せてあげたいな。

そしてこの交流が続いて、お友達が増えたらいいなぁ。


 Thank you

にほんブログ村



Secret

TrackBackURL
→http://tamimamo.blog.fc2.com/tb.php/131-7445d162
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。