--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.11.15(Fri):未分類


波はあるけれど多読が定着したといえる娘。

それなりに内容をわかって楽しんでいるみたいだけど、一度先生について一冊を丁寧に読み込んでいく“精読”というものをしてみたかったですよね。イメージで言えば国語の授業。

調べてみると児童書で名作といわれるようなものや課題図書に選ばれるような本は指導者向けにTeaching GuideやLiterature Unitsというようなガイド本が存在するものがあるので、これを使えばウェブレッスンでも精読レッスンが成り立ちそう
Scholasticのガイド本
Teacher Created Resourcesのガイド本

出来れば教えてもらうのはネイティブの先生で、使う本は古典までの古さではないけれど名作でスタンダードなもの。そういうのって色々な本にも引用されていたりするし、美しい文章に触れられるに違いない。
それに娘は普段そんなに古い本は読まないので、先生と話す中でその作品の時代背景や文化的な理解も深まればいいなと思って。

先日レッスンを取ってみたネイティブご婦人先生は教え方も熱心で娘との相性も良く、なんと娘と同い年のの女の子のお孫さんもいらっしゃるという。これはグランマが孫に語りかけるような温かな雰囲気も期待できるかも?!と勝手に判断し、思いきってTeaching Guideを使って精読をレッスンでやってもらえるか聞いてみた。
先生は是非やりましょうと快諾してくれたのでさっそく何冊か候補をあげてどの本にするか先生に決めてもらうことに。

先生が選んだのはこの本↓

大きな森の小さな家と言えばご存じの方も多いですよね。

これがそのTeaching Guide↓
(画像はアマゾンからお借りしました) 
私はTeacher Created ResourcesのE-bookで買いました。

先生は“私が子どもの頃に初めてこの本を読んだ時のことを今でもはっきり覚えているは~、読みだすと止められなかったのよね~”って言っていた。先生にとっても思い入れのある本でレッスンを進められるのは嬉しい限り。

Little House in the Big Woodsの本とガイド本を購入し、先生には本をスキャンして送ることとガイド本のファイルを送る約束をして、その準備が整ってから次のレッスン日時を決めることにした。
ちらっとこちらの希望をいうと、先生は朝4時のレッスンとなることが判明 それでも快くこの時間で良いと言ってもらえたので本当に有難くレッスンを受けさせてもらおうと思う。




本が届いてからとレッスン模様は次回にしようと思います。
無駄に長くなりそうなので



Thank you

にほんブログ村



Secret

TrackBackURL
→http://tamimamo.blog.fc2.com/tb.php/154-910d7b02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。