--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.01.02(Wed):未分類
明けましておめでとうございます


昨年の2学期の始業式にふと思い立って始めたこのブログ。
今までは読ませてもらう側で、ずーーっとブログ村親子英語カテにお世話になっていたけど、思いがけず“参加する”側になってみてもやっぱり楽しい、親子英語 
新たに感じることや発見があったり、コメントもとっても嬉しかったです。ありがとうございました!

今年息子は中学生&娘は小4と手はかからなくなっているし、親子英語というよりはおうち英語の方がしっくりくる感じだけど、2013年も今まで通り継続していきたい。


親子英語カテの皆さん、mixiでいつも楽しく交流させてもらっている皆さん、今年もたくさんのお知恵や英気を頂くことと思います。
どうぞよろしくお願いします



********

畑の小屋で年越しをして、昨日のぽかぽか陽気の午後にちょっと散歩に出かけました。
いつも歩く山道を行こうと思っていたのだけど、何気なく行かない方の道に進んでいくと、、、いつか歩道もなくなり、薄暗い雑木林の中のけもの道のような所を歩いていくと、谷になっていてせせらぎが聞こえてきた。
そして谷底に小さな小川を見つけたのです。
小川に下りて行ってみようとすると、息子はもう帰ろう!って。(普段はいっちょまえなのに)こういう探検では意外と怖がりなのねぇと新たに発見があり、反対に娘は私が一緒にいるのもあるからか、行ってみよう!っと積極的。

1メートル幅くらいの小さな小川で、どんどん上流に辿っていけそうな感じだったのだけど、少し探検して帰ってきた。
冬だから何も水中に生き物が発見できず、きれいな小川なのか、そうではないのかがイマイチわからなかったのだけど、もしきれいな小川なら蛍がでるかも知れないね!と息子が言っていた。
蛍の時期が来て、確かめに行く楽しみが増えた 

その後帰ってきてからも、娘はよっぽどその探検が楽しかったらしく、“楽しかったー!すぐまた行きたい”って。
そうやって活き活きと話す娘を見ていると、小さなことでもいいから、いのちがきらきら輝く、ドキドキ・ワクワクを子どもと一緒にこれからも発見したいと思ったのでした。



May 2013 bring lots of joy and laughter.



Thank you

にほんブログ村




Secret

TrackBackURL
→http://tamimamo.blog.fc2.com/tb.php/57-5b824150
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。