--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:
2013.04.23(Tue):未分類




週末はるきぽさんにネイティブの先生が教えてくれるという美術教室に連れていってもらった♪

カルチャーセンターのようなところを想像していたけど、そこは都会のマンションの一室で、オーナーの日本人女性と隣県から教えに来ているというロマンスグレイのアメリカ人先生が出迎えてくれた。

まずは軽く自己紹介をして、スケッチブックに自画像を描いたり、娘が猫の絵を描きたいというので猫の絵を描いたり。
最初に描いた猫の絵↓
nyankichi before
うーん イラストチック。

女の子ってこういうテイストの絵になっていきますよね。

娘は絵を描くのが好きで、常々“アートスクールに通いたいなぁ”って言っていたのもあり、この日をとても楽しみにしていました。
私も機会があれば是非と思っていました。それは娘が絵を描くのが好きだからというのもあるのだけど、、最近娘は“上手に”描こうとするようになって、“おさまってる”というか、いつもお決まりのパターンというか、幼児の頃のダイナミックさや素直さが薄れてきてて、、そういう年と共に型にはまっていくのをアートスクールで打ち破って欲しいというのがあったんですよねぇ。

で、先生と話したり・アドバイスをもらいながら再度描きあげた猫の絵がこちら↓
nyankichi after
写真を見ながら描いたってのもあるけど、デッサンぽくなってきた?!  
少し打ち破ったかな

娘が絵を描いている横でのんたろちゃんはのんたろちゃんで自由に“ピンクのアイスクリームを描くの!”“次はプリンを描くの!”(もちろん英語で言ってます)っとスウィーツで攻めてたのがなんとも可愛かったです のんたろちゃんはおよそ2時間ずーっと椅子に座ってすごい集中力で創作活動に勤しんでいた。先生との受け答えもしっかりしているし、ほんとごく自然に会話をしていた。これはちまたの英会話教室にはない醍醐味だと思う。

そういうやりとをみていると、ここは“英語を学ぶために絵を描く”というよりは“絵を教えてくれる人が英語を話す”という感じの方がまさにぴったりの教室に思えた。先生は穏やかで気配りが出来る方なんだけど、商売っ気はなく、ほんとに絵が好きでやってるんだろうなという感じ。
うちは不定期確定なんだけど、都合の付くときにはまた是非お世話になりたいです♪





今日のおやつはモアイよ~♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

モアイパンの作り方はこちら



Secret

TrackBackURL
→http://tamimamo.blog.fc2.com/tb.php/92-6bc2de3f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。